Habitare(ハビターレ)2018 フィンランドデザイン、家具とインテリアの見本市

今年もHabitare(ハビターレ)の展示会の季節がやって来ました。ハビターレは、フィンランドデザインの家具、インテリアデコレーション、Hifi、アンティークの見本市で、毎年ヘルシンキのエキシビジョン・コンベンションセンターで行われます。初日に早速行って来ました。

有名ブランドから、小さなブランド、スタートアップまで、各ブース、綺麗にデコレーションされそれぞれの個性が凝縮されていました。マリメッコはじめ、テキスタイルメーカーで上質リネンが素敵なラプアンカンクリ、ヨハンナ グリクセン、木のデコレーションが可愛いロヴィなどなど。スタートアップスタンドには、友人のサンナが手がけるFinish Fireも参加中。16歳の娘さんがウォールのデコレーションを一緒に手伝ってくれたと言ってたけどとても綺麗なデコレーションでひときわ目立っていました。Finish Fireは消火器をインテリアの一部に取り入れたアイデアいっぱい、日本へのマーケットにも力を入れはじめているブランドです。Finish Fire: https://www.finishfire.com  

個人的には、ランプ類、サウナ用品、暖炉、キッチン、ダイニングテーブルが気になったのでそのあたりを中心に見て回りました。

キッチンブースでは、ライブクッキングが行われたり、ステージではトークショーなど盛りだくさんのプログラムで国外からもたくさんバイヤーが来られています。

今週の9月16日(日曜日)まで開催中なので、ヘルシンキにいらっしゃる方は是非見にいってみてください。ハビターレ:https://habitare.messukeskus.com/?lang=en 

マリメッコ

ラプアンカンクリ

ヨハンナ グリクセン

ロビィ

デザイナーのサンナが手がける、Finish Fire