レストラン:ポンピエール(アルベルティンカトゥ) Pompier

ヘルシンキで美味しくてお腹いっぱい食べられるランチスポットをご紹介。

中心部からは少し外れた場所にある、レストランポンピエール。Pompier. 2店舗あり、エスプラナーディ店と、アルベルティンカトゥ店がありますが、後者のアルベルティンカトゥ店がオススメです。お店は、もともと消防隊員の活動場所で、店内の壁にはずらりとトロフィーや、昔の写真が飾られています。歴史ある建物。

レストランというよりは”食堂”という雰囲気で、長テーブルがずらっと並び、基本相席。(2人/4人席もあり)フィンランド料理で、プッフェスタイル。日替わりスープとサラダ(€10.40)と日替わりの温かい料理(肉や魚)とサラダ(€10.40)両方全ての場合は€15。食後のコーヒー付き!

フィンランドの伝統で、毎週木曜日は、Pea(豆)スープとパンケーキを食べる日と決まっていて、社食などランチには必ずこのメニューが登場します。

ここの食堂のオススメは木曜日のランチ。豆スープ、ムイックという魚のフライト、ポテト、ビーツなど美味しいサラダがたっぷりボリューム満点です。デザートはパンケーキ(カルダモンが効いたウィップクリームとイチゴのソース)とコーヒー。木曜日は大行列で店内は常にフル回転。地元の人に大人気のお店で、フィンランドの地元の人と食卓を囲みたい方はぜひ行ってみてください。お店の人や地元の人が気軽に話しかけてくれて、迎えてくれます。

Pompier: https://pompier.fi/albertinkatu/