ヘルシンキのおすすめレストラン:フレンチ、Le Petit Pastis パスティス in ピックロバ

2021年09月13日

ヘルシンキで数少ない唯一の?フレンチ風レストラン、Le Petit Pastis パスティス。

オシャレなエリア、Pieni Roobertinkatu (通称 Pikku Roba ピックロバ)通りにあり、

すぐ近くにデザインミュージアム、店の並びには、アルテック・セカンド・サイクルがあります。

ディナータイムに、予約なしでフラッと立ち寄ったのですが、オープン直後だったので店内の入り口付近、ドアが全開の人が居ないテーブル席に座れました。

テラス席もありますが、この時期は夜はすでに寒いので、一杯飲むなどサクッとならテラス席もよし。

17時を過ぎると予約客で店内の半地下の空間は満席!窓なしの空間に超密でテーブルもソーシャルディスタンスが保たれているのかいないのか?不明なくらいぎゅうぎゅうに人が入っている印象でした。

心配な方は事前に予約し、人が少ない入り口付近のテーブル席を指定、確保しておくと良いかと思います。

コロナ禍、店内飲食の外食は控えめですが、する場合の店選びはかなり神経を使います。

ソーシャルディスタンスが徹底していることや、換気、きちんと都度テーブルをアルコール消毒しているかなど、スタッフの対応もかなり気になるところですね。

前菜のエスカルゴ。ブルーチーズソースが思いの外、濃厚すぎて、口の中がずっとブルーチーズと塩辛さが残りました。ちょっとしょっぱすぎ。

エスカルゴ自体はおいしかったですが、エスカルゴを食べる場合は、レストランEliteをおすすめします。

クロックマダム。パンにハムとチーズを挟んでトーストしてあり、上に目玉焼きがのった一品。

普通においしかったです。

付け合わせのトリュフオイルで揚げたフライドポテト。もちもちしておいしかった。

デザートはタルトタタン。薄切りのリンゴを何層にも重ねてあり、お酒のきいたアイスクリームと合っておいしかったです。

フランスのビールはフルーティな香り。

店内にはワインがぎっしり。フレンチと言っても日本で想像する「フランス料理」というよりかは、カジュアルめのフレンチ風のレストランです。

平日ランチは3品 コース31€、土曜日のブランチ29€などもあります。夜はバー利用だけでも可能なので気軽に利用できます。

お店の情報:

Le Petit Pastis パスティス 

住所:Pieni Roobertinkatu 2, 00130 Helsinki 

All Photos & Text: Yuko Räsänen