スーパーマーケットでは買い物に来た子供に無料のバナナが置いてある

フィンランドは子供に優しい国。小学校から大学までの教育は無料。バギーを押しているお母さん&お父さんは交通機関は全て無料で乗車できる、それはお母さん&お父さんが子供を連れて子供のために乗っているから、という考え方だそう。各電車、路面電車、バスにはバギー優先のドアがあり、バギーや車椅子専用のスペースもあり。

スーパーマーケットへ行くと、入り口脇に大抵、カゴに入ったバナナが置いてあり、「子供は自由にとってください。」と書いてあります。子供は無料で買い物中にバナナを食べることができます。これは、買い物中に子供がお腹を空かさないように、子供もお母さんも楽しく、落ち着いて買い物ができるようにという思いやりからで、こういった小さな工夫と優しさが、住みやすい社会を作っているのだと生活していて感じます。