ヘルシンキのおすすめレストラン:ヒエタラハティマーケット内のポルトガル料理Petiscaria(ペティスカリア)

2020年11月10日

家から歩いて、ヒエタラハティマーケット内にある、ポルトガル料理「Petiscaria(ペティスカリア)」へ。

フィンランドでは貴重な移民食ですが、ポルトガル料理が食べられるところ自体少なく、というよりここだけかもしれない?くらい珍しいです。

国際色豊かなマーケットホールは、ランチ時間が特に混み合いますが、夜は人がまばら、早めのディナーに行ったので、私たちだけでゆったりと食事ができました。

ヒエタラハティマーケットの中央にあるお店の棚にはポルトガル食材も並んでいます。

ポルトガルは大好きな国で、フィンランドと同様に、トップ3入りする国です。ポルトガル本土はもちろんのこと、新婚旅行でいったマデイラも最高の思い出。また行きたいなあと思っています。

ポルトガルビールとワインで乾杯。ポルトガルなら、グラスに並々注いでくれ安いワインも、ここフィンランドではきっちり目盛ではかり注がれます。

前菜は、チョリソー。ピリ辛でビスケットに合うおつまみ。

チョリソーが入ったフワフワパンに、牛肉と豆のシチュー。ガーリックが効いてとても美味しかったです。

定番料理のバカリャウ・ア・ブラス、たらとじゃがいもの卵とじ。

タコのガーリックソテー。

デザートはエッグタルトにシナモンパウダーをかけていただきました。

いろいろ試したいので、少しずつ頼んで2人でシェアしてちょうどよかったです。

店員のお兄さん2人も笑顔でいろいろ話してくれ、楽しいひとときでした。食べきれない分はお持ち帰りボックスに入れてくれました。

次回はランチタイムに立ち寄ってみます。

各国の料理が味わえ活気のあるヒエタラハティのストリートフードホール。サクッと食べたい時に、立ち寄るのにも使い勝手が良いです。

All Photos & Text: Yuko Räsänen