南西の海辺の素敵な町、タンミサーリ(Tammisaari) - Part1

カテゴリー:旅、フィンランド国内、フィンランドの町紹介

ヘルシンキから郊外へ、フィンランドの田舎には、魅力あふれる素敵な町がたくさんあります。

私のお気に入りの町を、ご紹介します。

今回は、ヘルシンキから南西へ、車で1時間強、列車で1時間15分の場所にある、海辺の小さな町、タンミサーリ(Tammisaari)です。

タンミサーリは、ラーセポリ(Raasepori)に属し、この地域に住む80%以上の人々が、スウェーデン語を母国語として暮らしています。

町の公共道路表記などは全て、スウェーデン語→フィン語の順で表記され、ヘルシンキとは逆です。

町ゆく人は皆スウェーデン語で話し、カフェでもスウェ語で話しかけられるので、お隣スウェーデンにいるような、不思議な気分になります。

パステルカラーの可愛らしい木造建築が建ち並ぶ旧市街は、タイムスリップしたような、おとぎの国の世界が味わえる特別な場所です。スウェーデン文化が色濃く、町歩きのほか、かわいいカフェが点在し、海辺のシーフードレストランなど、おいしいケーキにカフェ巡りやグルメ、食も楽しめるのがポイントです。

タンミサーリ駅舎屋。歴史を感じる時計も素敵。駅名表記は、上はスウェ語、下にフィン語。

パステルカラーの家々が立ち並び、町散策が楽しめます。

おすすめのカフェ 1 : Bageri & Cafe Carl de Mumma

どこのカフェに行ってもスウェーデンの定番ケーキ、「プリンセストルタ(プリンセスケーキ)」が一番上に並んでいます。そのほかケーキやパンの種類も一般的なフィンランドの地域のカフェやケーキとはスタイルが異なります。

スウェーデンの「プリンセストルタ」といえば、ストックホルムの老舗カフェ、Vete-Kattenのがおいしくて大好きです。

旬のブルーベリーのケーキも普通のカフェのブルーベリーケーキとは異なり、日本のショートケーキに近いスポンジケーキにウィップクリーム、その上にフレッシュブルーベリーケーキがたっぷりとのっています。

甘すぎず、さっぱりしていておいしかったですよ。そして、カルダモンが生地に練り込まれていない、普通の生地というのが良い!カルダモン入りばかりだと飽きるんです。

スウェーデンのコーヒーと共に朝からフィーカ。店内で聞こえてくるのはスウェーデン語。

マーケット広場の目の前にあり、朝から多くの人で満席です。

次回も、タンミサーリのおすすめのカフェ、レストラン、町歩き、朝一農家マーケットなど、ご紹介します。

All Photos & Text: Yuko Räsänen

#タンミサーリ #ラーセポリ #フィンランド #Tammisaari #Raasepori #Finland