ヘルシンキのオススメのレストラン(17): LAPPI(ラッピ)トナカイの肉、ラップランド郷土料理

オススメのレストランシリーズ17は、ヘルシンキにいながら、北極圏ラップランドの郷土料理が食べられる、LAPPI(ラッピ)をご紹介します。

中心部、ストックマン百貨店から徒歩5分ほど、店内は暗くロウソクが焚かれ、店員さんはサーミの民族衣装を身にまとい、ラップランドの雰囲気が味わえる場所です。

トナカイやエゾシカのお肉をはじめ、ラップランド産ビールなど、フィンランドならではの料理を試してみたい方はぜひ訪れてみてください。

レストランラッピ

手前はトナカイの肉の塊を赤ワインソースで煮込んだもの。奥のプレートは定番トナカイの薄切り肉とリンゴンベリー(コケモモ)です。いずれも下にはマッシュポテトが付いています。

デザートは、leipäjuusto(レイパユースト)、噛むとキュッキュッと音がする独特な食感で好きな方も多いです。

レイパユーストにラップランド産の超スーパーフード、ビタミン豊富なクラウドベリー添え。ザ・フィンランド!な一品で、とても美味しい組み合わせですよ。

Lappi : https://lappires.com/en/

住所:Annankatu 22, 00100 Helsinki

#ヘルシンキ #フィンランド

All Photos & Text: Yuko Räsänen