ストックホルム:フィーカ、スウェーデン伝統菓子プリンセスケーキ

スウェーデンの伝統菓子、プリンセスケーキ(プリンセストルタ)ふわふわのスポンジケーキと甘すぎない生クリームの層の一番下にはラズベリー、上にはグリーンのマジパン。どこのカフェやケーキ屋さんに行っても必ずあるけれど、やはり老舗カフェVete-Kattenのプリンセスは甘すぎずに格別です。

フィンランドの菓子もそうですが、どんな生地にもシナモンやカルダモンが練りこまれていて、きつい香り。もうあの香りには正直飽きた。シンプルに無香辛料のものが食べたくて、このケーキは日本のシンプルで美味しいケーキに似ているので嬉しい。

中心部にあるVete-Katten本店。メインの入り口から入って正面はフルサービスのカウンター。店舗中央にパン&ケーキの工房があり、右奥へ進むと全セルフサービスの簡易カウンターがあります。(入り口別途あり)結構広い店内だけどいつ通っても地元の人で満席!そしてお客さんのお目当は名物のプリンセス。

店舗奥の全セルフサービスカウンターはこんな感じ。

フィンランドのシナモンロール(コルヴァプースティ)と味も生地感もそっくりですが、スウェーデンのシナモンロールは「成形」が違い、面白い形。

スウェーデンには、FIKA(フィーカ)甘いものと一緒にコーヒーを飲む。習慣があるため、街のいたるところに可愛いカフェがあり、フィンランドよりもケーキの種類が豊富。他のカフェやケーキにも挑戦中。