フィンランド2000キロの車の旅、夏休みから戻りました!

みなさん、お久しぶりです。

先週は夏季休暇でしたが、今週月曜日から通常業務に戻っております。

今年の夏休みは、国内にとどまり、フィンランドを西の果てから東はロシア国境ルートを、8日間(夏至祭ウィーク)に渡り、車で2000キロ走ってきました!

ああ、最高に良い旅でした…感無量。

まだまだ新型コロナウイルスが心配な状況ですが、政府が国内移動について規制緩和を打ち出したため、この旅が実現できました。

車移動のため少しは安心だったのと、田舎はどこに行っても観光客が全く居らず、見事に人が少なく、自然の中を中心に過ごせたのでとても良かったです。

お天気にも恵まれ、毎日晴天!内陸部は29度まで達する日もあり、毎日暑い、暑いと言いながら、川や湖で泳いで涼みました。日焼け止めを塗っていたものの、見事に腕が日焼けして、真っ赤になり帰ってきました。

まさにフィンランドの真髄に触れる旅で、夏至の時期、沈まぬ太陽と壮大なフィンランドの大自然の中、とても素晴らしい経験ができました。また一つ忘れられない素敵な思い出ができました。

「8日間、2000キロの夏の冒険の旅」については、これから綴っていきますので、どうぞお付き合いください。

フィンランド最大級のサイマー湖にて。朝から晩まで何度も湖でプカプカ泳ぎました。

夏至祭の日、夏をお祝い。午前1時の空。沈まぬ太陽。

どこまでも永遠に続く、草原と森、木、木。無数の湖。

草原にはルピナスの花が満開!綺麗なお花に囲まれて毎日本当に幸せでした。

大草原にぽつり。地球との一体感。

All Photos & Text: Yuko Räsänen