フィンランドの森はすっかり春!ヘルシンキ市内の森の様子と綺麗な自然の風景

白樺の葉っぱもだいぶ生えそろってきました。白樺の木々は茶色から真っ白に色が変わってきています。夏になるとフィンランド人の髪の毛も色がより一層明るく変化します。

白樺の木は大好きだけれど、アレルギーが強烈で鼻詰まりの原因になります。よく「フィンランドは花粉はないでしょ?」と言われますが、「あります!」春のこの時期はなかなか辛いです。

このエリアはお気に入りの散歩コース。家を買うならこのエリアもいいな〜

絵本の中にいるみたいな森の中。新緑が輝いて葉っぱの良い香りに癒されます。

足元には一面綺麗な花々が咲き乱れています。花や野生動物(ウサギ、リス、カモ、カモメなどなど)に話しかけながら、散歩を楽しんでいます。

5〜6月はフィンランドが最も輝く時期です。一日、一日を大事に過ごしたいですね。

All Photos & Text: Yuko Räsänen